結婚について

結婚後の夫婦生活のための相手や自分の理解

恋愛をして、結婚をして、夫婦になるカップルも多く、恋愛ではなく見合いなどで結婚をする場合もあります。
しかし、統計を見ると、その中の3割はその後離婚をするということになるようです。
そして、家庭内離婚や家庭内別居などを合わせると、もっと増えるということになります。
恋愛などの愛情は冷めても、お互いに共同生活をするというメリットは残りますので、恋愛対象ではなく、生き残るための戦友や同志として、結婚生活を続けていくということもありえます。
色々な事情は、それぞれのカップルで違ってきますので、生活の方法やいろいろな決断も変わって当然です。
問題は、結婚をしたことがお互いのデメリットにならないようにコントロールするということが重要です。
愛情というお互いの絆が心地よくなる満足感の原因も重要ですが、現実社会を合理的に、客観的に生きていくための共同戦線も重要な条件になります。
最近はシェアリングが、様々な分野で話題になりますが、夫婦生活も老後のお互いに支え合う介護まで含めると、相手をよく選ぶ必要もあります。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.